グループホームとは?【介護の用語集】

更新日:
グループホームとは?【介護の用語集】

グループホームとは、認知症当事者が5人から9人を単位とした少人数の中で、ケアを受けながら共同で生活する施設です。家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、利用者自身が職員と一緒に食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活行為を行うことで、自尊心を維持しながらの安定した生活、そして本人の望む生活の実現を目指します。

介護保険上では、グループホームは認知症対応型共同生活介護として位置付けられています。入所条件は「認知症の診断が下りている」「要支援2以上の認定を受けていない」の2点で、その両方を満たしていないと利用することはできません。

グループホームのメリットは、認知介護の経験を豊富に積んだスタッフが日中・夜間帯の対応をしてくれる点や、地域密着型サービスのため、認知症当事者が慣れ親しんだ地域で安心して住み続けることが可能になる点などが挙げられます。

ただし、看護師等の医療スタッフの配置が義務付けられていないため、医療的な処置が多くある方は利用できない、もしくは退所を余儀なくされる可能性もあります。また、利用料など毎月の費用が10万円以上かかるため、費用的負担の大きさも懸念点として挙げられます。

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

Designed by Freepik