MENU

【急増】高級型老人ホームの予算相場とは?

更新日:
【急増】高級型老人ホームの予算相場とは?

最近増えている「高級型老人ホーム」は、豪華な建物にこだわりの食事、細やかなサービスと人気があり、できることなら入りたいという方は多いでしょう。ホテルのような建物とサービスで非常に快適に生活できるだけではなく、介護職員が多く配置されていたり医師や看護師が常駐していたりと、安心して暮らせるのが高級型老人ホームです。

しかし、「高級型」ですから一般的な老人ホームと比較して、やはり費用は高額になります。入居するときに数千万円の入居金がかかるといった話は聞いたことがあるかもしれませんが、実際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

老人ホームでかかる費用はどんなもの?

○入居一時金

老人ホームに入居するときに必要なのが「入居一時金」です。これは、自分の部屋、施設、サービスを終身利用する権利に対して支払うものです。この入居一時金は施設によって大きく異なっていて、入居0円のプランを設けているところもあれば非常に高額になる場合もあります。また、入居金には一定の償却期間が設けられており、退去した時には施設ごとに決められた計算式に則って入居金が返還されます。

○月額利用料

老人ホームで毎月かかる費用は、家賃、管理費、食費、介護サービス費、その他(医療費やおむつ代等)が挙げられます。費用の名目やかかる費用は、施設の種類や立地によって変わりますので、立地が良かったり建物が豪華な高級型老人ホームでは、月額利用料も高くなっています。

全国の老人ホームの予算相場は?

全国の有料老人ホームの相場は、入居時の費用として500万円程度、月額利用料は22万円程度と言われています。入居時費用としては入居金0円などといった非常に安価に設定されている施設と、1000万円を超える高額な施設と2極化している傾向があります。また、月額利用料は10万~30万円程度に設定されている施設が多いようです。

高級老人ホームでかかる入居一時金はどのくらい?

入居時に支払う入居一時金は、高級型老人ホームの中でも施設ごとの違いが大きいですが、おおよそ1000万円~5000万円程度に設定されている施設が多いようです。高額な施設では1億を超えるところや、中には3億ほどになる施設もあります。入居一時金が高額な施設は建物や食事が豪華といっただけではなく、規定以上の介護職員を配置していたり、医師や看護師が常駐している、病院が併設されているなど、入居後に介護や医療が必要になった時に安心の体制が整えられていることが大きな特徴です。

一方で、入居金0円プランを設けている高級型老人ホームも増えています。その代わり月額利用料が高額になることもありますが、利用したい期間や個人の経済状況に合わせて様々な料金プランを選択できるようになっています。

高級老人ホームの月額利用料はどのくらい?

月額利用料も施設ごとに差がありますが、入居一時金と比較すると差は少ないようです。入居金お支払い方法などにより変動しますが、おおよそ30万~50万程度に設定されている施設が多くみられます。高いところでは月に100~200万円程度かかる施設もあります。月額利用料には家賃が含まれていますので、都心でアクセスの良い場所や人気のエリアで地価の高いところでは高額になりやすいです。

また、建設にかかったコストが高く非常に豪華な建物になっているような施設でも高額になります。入居一時金と違って毎月払い続ける費用ですから、月々の差額は小さくても長い期間入居した時には大きく違ってきますので、将来を見据えた検討が必要になります。

まとめ

今人気が高まっている「高級型老人ホーム」の予算相場を紹介してきましたが、ホームによって支払い方や金額には大きな差があります。「高級型老人ホーム」は設備もサービスも本当に行き届いていますが、やはり個人の好みや相性があります。高い施設でも納得できない場合もありますし、逆に安価な施設でも安心して生活できると感じることもあります。

体験入居をさせてくれる施設は多いですから、一度実際に泊まることで体感することをおすすめします。個人のニーズに応えてくれる個性的な老人ホームは増えていますから、費用面だけではなく本当に自分に合う施設を探してみてください。

■関西エリアの老人ホーム/介護施設を探してみる
【高級ハイクラス】な老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ
【体験入居可能】な老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ
【職員体制2人:1人以上】の老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ

Designed by Freepik