MENU

老人ホームの入居前後で費用を抑える5つの方法

更新日:
老人ホームの入居前後で費用を抑える5つの方法

自分に介護が必要になったとき、家族に迷惑をかけたくないので老人ホームに入りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。また、ご家族に介護が必要になったとき、自分たちで介護ができる状況だとは限りません。老人ホームは家族や自身の介護を考える上で非常に強い味方です。しかし、老人ホームというと入居するときに数百万という「入居一時金」が必要なところもあります。

また、入所してからも月に15~20万円という決して安くない費用が発生します。仕事を辞めて高齢になったとき、年金などの限られた収入と貯蓄の中から入居費用をやりくりできるのかはとても不安な要素です。そこで、老人ホームに入居するときや入居してから、費用をできるだけ抑える5つの方法を紹介します。ご家族やご自身が老人ホームへの入居を考えるときの参考にしてみてください。

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

1. 入居一時金を抑える

「入居一時金」とは、入居するときに自分の部屋、施設、サービスを終身利用する権利に対して支払うものです。この費用は、施設によって大きく異なります。高いところだと数百万、数千万円という入居一時金が必要な施設もありますが、最近では入居一時金が0円という施設も増えています。しかし、このように入居一時金がかからない施設では月額利用料が高く設定されている場合もあります。そのため、長い期間入居する場合には、入居一時金としてまとまった金額を支払った方がトータルの費用が安く済むことがあります。

ただし、特養老人ホームの入所を待つ期間だけ入居したいなど、入居期間が限定的な場合には、入居一時金が0または安価な施設を選んだ方が費用は抑えられます。終身(亡くなるまで)入居したいと考えている場合には、ご病気や年齢などにより入居期間がどのくらいになるか判断が難しい場合が多いです。あらかじめ施設の方とよく相談しておくことが必要です。

2. 地方の老人ホームを選ぶ

老人ホームの月額利用料は、地域によって異なります。家賃の相場と同じで、老人ホームの費用は地価の高い都市部では高く、逆に地方では安い傾向があります。そのため、地方で老人ホームを探すと費用が抑えられることがあります。住み慣れた地域で探したい気持ちもあるかと思いますが、オーシャンビューや豊かな自然環境を売りにした施設などもありますので、思い切って地方で探してみるのもひとつの方法です。

3. 施設の設備を選ぶ

老人ホームの費用は賃貸物件の家賃と同じように、新築で駅が近かったり部屋が広いところは高くなります。そのため、少々古い施設や部屋が狭いところ、駅から離れた施設などでは費用が安く抑えられる場合があります。長く入居するかもしれない施設ですので住み心地は大切な要素ですが、施設面で少し妥協するのも費用を抑えるために工夫できることです。

4. 特養老人ホーム、ケアハウスを使う

要介護3~5の認定を受けている方が対象の特別養護老人ホームは、入居一時金がかからず月額の利用料も安価に入所できます。また、ケアハウスは環境や経済的な状況により家族との同居が難しい方が、自治体の助成を受けることで比較的低い費用で利用できる施設です。

どちらも比較的安価に利用できる施設ではありますが、人気があるため入居を待っている方も多く、すぐに利用できるとは限りませんし、入居のための条件があったりします。これらの施設への入居を考えるときには、早めに情報収集しておく必要があります。

5. 負担軽減制度を使う

介護費用の負担が難しい方のために、様々な負担軽減制度も設けられています。「高額介護サービス費」は世帯における介護負担額が一定以上の上限を超えた場合に、超過分が介護保険から支給される制度です。また、「特定入居者介護サービス費」は、月額費用の中の食費と居住費が所得に応じて決められた限度額以下に減免される制度です。これらの制度を利用するには市区町村への申請が必要になりますので、申請方法や利用できる条件を問い合わせてよく確認するようにしましょう。

まとめ

入居時に高額な入居金がかかり、入居してからも月々高い費用が必要なこともある老人ホームですが、自宅での介護が難しい時には心強い存在です。入居時にかかる費用を工夫したり設備や地域で安価なところを探していくことが、費用を抑えるポイントといえます。また、特養老人ホームやケアハウスのように比較的安価に利用できる施設への申し込みも、早い段階で視野に入れておくとよいでしょう。

それでも老人ホームへの入居となると、ある程度の費用が必要になりますので、在宅介護の方法も検討しておくことをおすすめします。自宅にいながらデイサービスやデイケアといった介護施設に通うことや、ショートステイという短期間の入所を利用することで、在宅での介護負担を少なくしながら生活することは可能です。

介護サービスの利用方法は本当に様々ですので、介護が必要になりそうなときには、行政機関の担当者やケアマネージャなどの専門家に相談してみると、思いもよらなかったアイディアがもらえるかもしれません。ぜひ、色々な方向から介護生活を考えてみてください。

■関西エリアの老人ホーム/介護施設を探してみる
【大阪】の住宅型有料老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】の住宅型有料老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】の住宅型有料老人ホームをお探しの方はコチラ

Designed by Freepik