MENU

格安老人ホームの予算相場とは?

更新日:
格安老人ホームの予算相場とは?

老人ホームの入居を検討する際、皆さんは1番目に何を重要視されるでしょうか。現在、わが国における老人ホームの数は1万棟以上となっており、その数は年々増加しています。複数の中から終の住処となりえる施設を選択することは簡単なことではなく、何を基準にし、どう選べば良いのか悩まれている方がほとんどでしょう。

特に気にされる項目としては、「立地条件」や「価格」があげられますが、入居する高齢者本人の年金額が少ない場合、費用を年金内で収めないといけない、家族に負担をかけたくない等、費用を第一に考える方も少なくはありません。今回は格安老人ホームの相場について、平均的な相場を踏まえて解説していきたいと思います。

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

老人ホームの平均的な予算相場について

まず一般的な老人ホームの費用についてですが、基本的に入居一時金と月額費用が必要になります。ここで説明する老人ホームとは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の公的施設ではなく、民間業者が運営している老人ホームの価格帯です。

有料老人ホームやサービス高齢者向け住宅に関しては、基本的に入居する際に一時金の支払いが必要なところが多く、有料老人ホームは約100万円~500万円程、サービス付き高齢者住宅が約10万円~20万円程、必要と言われています。しかし、サービスや介護職員の数、イベント等が充実している施設であれば、その分、費用は高額となりますので、一概に金額が固定されている訳ではありません。

次に月額費用ですが、平均的に約17万円~20万円程と言われています。尚、こちらも平均的な価格であり、医療費や送迎費(介護タクシー利用)等、他にかかる費用はそれぞれに違いがありますので、それらを除いた額となっています。これらを想定すると、準備費用として少なくとも入居一時金に100万円、月額料金は年金内で収まるとしても、別途費用代のため、数十万円は準備しておいた方が安心できると言えるでしょう。

格安老人ホームの予算相場とは?

平均的な価格よりも安く入居できる、いわゆる格安老人ホームと言われる施設では、入居一時金が0円であり、入居する際に費用がかからないところが存在します。そして、月額費用ですが、約8万円~15万円程が予算相場です。このように入居一時金がなく、月額料金自体も安く抑えられるのであれば、格安老人ホームへ入居した方が、かなりお得であることが言えます。しかし、安い価格で提供できるのには、いくつかの理由や条件があてはまる場合があります。

例えば、通常の賃貸住宅についても当てはまることですが、立地条件は都市部ではなく、地方に建てられており、なおかつ駅から離れている方が安い傾向にあります。また設備や部屋の広さについても同様です。家具があるのか、トイレは共用か、お風呂は施設内にいくつあるのか(大浴場か個浴か)等、個別対応であるかどうかで価格の変動があります。

そして、施設内に介護職員がいるかどうかです。施設内にある一定時間は職員を配置しているが、常時ではないため、費用を安くできるというところもあります。提示されている費用の中に、おむつ代や日用品代・消耗品(トイレットペーパー等)が含まれていない場合もありますので、詳細まで確認すると、結局20万円程かかってしまう場合もあります。格安老人ホームに入居する場合は、条件を詳細まで確認するようにしましょう。

まとめ

老人ホームの中には、入居金0円、月額費用が約8万円程から入居できる格安老人ホームが存在します。しかし、介護が常時必要になる場合は医療費や消耗品等のその他費用が加算され、結果高額となってしまう事も考えられます。本人にどういったサービスが必要であるかを把握した上で選ぶことをおすすめします。

■関西エリアの老人ホーム/介護施設を探してみる
【安い/低価格】な老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ
【施設全体禁煙】の老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ
【施設内喫煙可能】な老人ホーム/介護施設をお探しの方はコチラ

Designed by Freepik