MENU

訪問リハビリで自転車の練習をしてもらうことはできる?

更新日:
訪問リハビリで自転車の練習をしてもらうことはできる?

Q. 母の膝が悪くなり、人工関節を入れる手術をしました。近々自宅に戻るのですが、今まで自転車で移動していたので、自転車が乗れるまで回復できたらと考えています。退院に合わせて介護保険の申請をしようと思っているのですが、退院後に訪問リハビリを利用し自転車の乗る練習をしてもらうことはできるのでしょうか。

A. 訪問リハビリを利用して自転車に乗れる状態を目指すことは可能ですが、実施内容についてはお母さまのご状況に応じた内容になるかと想定されます。

最終的に自転車に乗れる状態を目指して、訪問リハビリを実施していくことは可能です。サービスを利用する際には、最初にケアプラン中に目標を記載して進めていくこととなりますので、自転車に乗れるようになることを大きな目標としてケアマネージャーに伝えるようにしましょう。

注意すべき点としては、リハビリの実施内容については、目標とは違い、こちらの希望だけで詳細を決定することは難しいということです。実施内容は、訪問リハビリを始める前に、本人・家族・セラピスト・ケアマネージャーと話し合い、現在の本人の身体状況や希望に合わせて決めていきます。この話し合いで、当初から自転車を使用してリハビリができるかを考える必要があります。

例えば、現状として筋力低下等が著しくみられ、ふらつきがある状態であれば、いきなり自転車を利用したリハビリを実施するのは、専門家の見解で恐らく危険と判断されるでしょう。

よって、この場合は、いきなり自転車を使用したリハビリではなく、乗れるようになるための機能向上の訓練を行う等の内容が検討されることとなります。目標に向かって進めることはできますが、あくまでも本人の状態に合わせてリハビリを行いますので、自転車を使用することにこだわらず、本人のペースで進めることを大切にしましょう。

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

Designed by Freepik