MENU

介護施設での食事が少ないように感じる。もっと食べさせてあげることはできないの?

更新日:
介護施設での食事が少ないように感じる。もっと食べさせてあげることはできないの?

Q. 父が施設に入所しています。先日お見舞いに行ったとき、父の食事が他の利用者さんと比べて品数が少なかったので、疑問に思っています。元々大食いな父なので、できればもっと食べさせてもらいたいのですが、なぜ全部食べさせてもらえないのでしょうか。

A. 一般的にお父さまの疾患の影響を考慮し、食事内容は考えられています。もしお父さまに相談しても理由が分からず不安なようなら、施設側に確認してみるとよいでしょう。

施設での食事内容や量が他の利用者と違う場合、お父様の疾患の影響を考慮して、施設側が食事内容を変更している可能性があります。何も制限をされていない食事内容のことを「常食」と呼んでおり、通常であれば、常食が提供されることが一般的です。

しかし、疾患の影響で医師の指示により制限が必要であると判断された場合、施設では常食から制限食へ変更する場合があります。例えば、糖尿病で制限が必要であれば、糖分制限で米飯の量を少なくする等の「糖尿病」へ、高血圧や心疾患で制限が必要であれば、塩分制限で味噌汁を提供しない等の「減塩食」への変更を行います。

そして、変更する場合は、本来であれば本人だけでなく、家族へ変更する旨や変更内容を連絡し、伝える必要があります。施設から何か重要事項を連絡する場合は、家族全員へ連絡するのは施設側の負担となるため、キーパーソンである家族のみへの連絡を行うこととされていますので、今回の場合、もしかすると他の家族が何か聞いている可能性があるかもしれません。

そのため、施設側に確認しずらい場合は、まずはキーパーソンである家族へ一度確認してみましょう。尚、施設側としては、ご家族である以上は、キーパーソンでなくても説明を求められれば、答えることができますので、直接質問しても構いません。

■特集!!入居金0円の老人ホーム/介護施設はコチラ
【大阪】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【兵庫】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ
【京都】で入居金0円の老人ホームをお探しの方はコチラ

Designed by Freepik